お仕事探しのキャリアフィット

0120-972-922


お知らせ

information detail

お知らせ 詳細

34期を振り返って

2019/05/27

34期を振り返って

  6月に入り初夏の日差しが眩しく感じる季節になってきました。今月は当社の決算月にあたります。恒例となりますが、1年を締めくくるにあたり今年度の当社の歩みを振り返り、新たに取り組んだ内容等を抜粋して紹介させて頂きます。

  東北支店では工場内作業の全てを当社派遣スタッフで行う「ファクトリーラボ」を昨年4月からスタートさせましたが、今期中に軌道にのせることに成功し、常時40名ほどのスタッフさんを雇用するに至っております。現在は第2ラボ以降の開設を目指し営業活動を強化しているところです。

 北海道支店 人材サービス課の道南地区では基幹産業の一つであるイカの不漁を受けて工場派遣に影響が出ましたが、新しい分野の成約を重ねるなどにより、逆風を乗り越え健闘を続けております。セキュリティ事業部と連携をはかり一昨年11月に開設した道北エリアセンターにつきましても、派遣売上の獲得を図るべく現在懸命に取り組んでいるところです。

 今年の2月からは、年度替わりに改変になる官公庁や民家物件の全社的獲得強化を目標にして、「入札プロジェクト」を強化しました。北海道支店等では目標達成に向け定期的に意見交換と情報の共有化を図って参りましたが、結果として目標は達成されることとなり、特にビルマネジメント課では役割の経験と若手社員のチャレンジ精神が相まって、昨年実績を大きく上回る成果を残すことが出来ました。又、セキュリティ事業部では、3年おきに入札がある既存物件の札幌医科大学駐車場管理業務を守り抜くことに成功しております。

 キャリアフィットエムエスは組織改編により、運営の主体を今期から正式にキャリアフィットのマーケティング事業部門としての位置づけでスタートすることとなりました。業務内容はコールセンター等のアウトソーシング事業をメインとしておりますが、計画的な組織運営の実践により、大手飲食チェーン店のインバウンド(受電業務)を成約するなど大いなる飛躍を遂げるに至っております。

 事業開発室では働きたいシニア世代(アクティブシニア)の方々を、介護施設において家事業務等の周辺業務を行うことによって、介護職員をサポートする役割の職員として紹介する「ねこの手ステーション」のプロジェクトを立ち上げました。この取り組みはプロポーザル案件である札幌市の「サッポロ・ヘルスケアビジネスサポートプログラム2018」採択事業に選ばれ、高齢者の雇用確保の側面から社会的にも意義が高いものと各方面から話題となりマスコミにも取り上げられました。

 今期は札幌市内のホテル等で登録内を数回開催いたしましたが、多くのシニア世代の皆様にご登録いただき、商会実績も着実に積みあがっております。又、今年の5月には九州支店での登録会開催も実現いたしました。昨年新たに開設した事務所としては東京オフィスがあげられます。同オフィスは品川にあり、羽田空港、都心両地区からもアクセスがよく、現在は主に各支店で今後取り組むべく情報収集活動を行う拠点として活用しております。

 今回ご紹介しきれなかった各支店、営業所、各セレクションにおいてもそれぞれ積極的な活動を展開していることも併せてご報告させていただきます。そして北海道においては、忘れることができないのが昨年9月6日に発生した北海道胆振東部地震です。この地震においては多くの方が被災するとともに、私たちの誰もが予想もしなかった北海道全域停電(ブラックアウト)が発生しました。この時、各現場、事業所の一線で勤務されている皆様につきましては、地震発生直後から電力が復旧するまでの不自由な環境のもとでも、サ^ビス提供に支障が出ない様懸命且つ献身的な業務対応をして頂いておりました。どんな状況においても職責を全うしようとする皆様の職業意識の高さに感銘を受けるとともに、この精神こそがキャリアフィットのサービスを支える原動力でありキャリアフィットブランドの原点であることを実感した次第です。

 改めまして各現場職員の皆様に感謝の意と敬意を表させていただきます。

 来期も「キャリアフィットブランドを大切して」皆様とともに歩んで参ります。宜しくお願い申し上げます。

専務取締役 永沼 孝夫